• 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ

メニュー

学園紹介

梼原学園のご紹介

小中一貫の取り組みについて

中学生の読み聞かせ

梼原学園は「豊かな人間性と生きる力をもった児童・生徒の育成」-知・徳・体・食のバランスのとれた教育の推進-を教育目標に掲げ、平成23 年、緑あふれる梼原町に開校しました。 梼原町では、義務教育9年間を総合的にとらえ、長いスパンで基礎学力の確実な定着を図るとともに、脳や身体の成長に合わせた指導を行う「小中一貫教育」を実施しています。 これによって、年齢の異なる児童・生徒どうしの活動による豊かな人間関係づくり、コミュニケーション能力の向上も期待することができると考えます。 また、梼原には「人と人の絆」を大事にする心が家族から地域にいたるまで残されています。 この良さを生かし、家庭・地域・学校が一体となって教育課題の解決に取り組む体制をつくります。

小中一貫教育の方針

  1. 4-3-2のまとまりを大切にした9年間の系統的な教育
    • 国語教育の充実―「読む力」「書く力」「聞く力」
    • 算数・数学のTT(ティーム・ティーチング)方式(小・中両教諭)による授業
    • 英語教育の推進― 国際的コミュニケーション力の素地づくり
  2. 中期(5年)からのゆるやかな教科担任制の導入
  3. 異学年交流によるコミュニケーション能力の向上、人間関係づくり
  4. 学習規律とキャリア教育を9年間系統的に行うカリキュラムの作成
  5. 9年間に応じた、家庭・保護者のカリキュラム作成
  6. 学校支援地域対策本部による地域のサポート体制の確立

一貫教育の特長

校時表

校章・校歌について

梼原学園の校章・校旗

梼原学園の校歌

一、維新の思いを受け継いで 仰ぎ見上げるカルストに 高き理想と夢を乗せ 自由と平和の風が吹く 永久に輝け 我が母校 誇れるその名 梼原 梼原学園

二、朝日輝く校舎に 今日も仲間の声がする 未来にはばたく我らには 希望の光もさわやかに 宇宙に伸び行く 我が母校 誇れるその名 梼原 梼原学園

三、四季の色彩あざやかに 心やさしき故郷の 自然に抱かれ育ちゆく 人の宝は我らなり 現在に輝めく 我が母校 誇れるその名 梼原 梼原学園

学校舎内について

小・中職員が一緒になった職員室

小・中学校の教員が日々どのように教えているのか相互理解でき、児童生徒に対して9年間の見通しを持って系統的な教育ができます。

梼原学園校舎配置図

乗り入れ授業について

6年生の算数の時間に、中学校の数学の先生が来て乗り入れ授業を行っています。中学校の先生と6年生担任の二人が授業を行います。

中学校の先生が来ました。

中学校の先生にも緊張せずにコミュニケーションがとれています。

授業の進行は主に中学校の数学の先生がやっています。

子どもは担任の先生にも、中学校の先生にも質問できます。

6年生の音楽の時間に、中学校の音楽の先生が来て乗り入れ授業を行っています。

7.8.9年生との合同合唱も体験します。

中学校の音楽の先生から専門的に音楽を教わります。

ランチタイムの様子

1年生から9年生がランチルームに集まって一緒に準備をし、給食を食べています。準備もみんなですることで、上級生は年下の子どもたちにやり方を教えてあげたり、年下の子どもは上級生のやり方をみて自分でやってみたり、自然に思いやりや責任感がうまれます。みんなで協力し合って準備した給食のおいしさは格別です。

1年生から9年生はランチルームで一緒に給食の準備をします。

定期的に生産者の方がランチルームに訪れて、生産者の思いを子ども達に伝えてくれます。

梼原学園の児童生徒が一緒に給食を頂きます。

マナー指導では9年生が低学年と一緒に給食を食べることもあります。